環境に配慮した印刷物をつくる

トップページ ≫ 法人向けサービス ≫ 目的別印刷サービス ≫ 環境配慮型印刷物

印刷物を環境配慮へのPRツールに変えることができます。

GPマーク環境に配慮していること伝えたい—。
そう思われるお客様は、実に多くいらっしゃいます。
大々的に広告したくもないが、さりげなくという場合は、FSCTMといった森林認証紙などの環境配慮紙やベジタブルインクなどを使用し、それらの認定環境マークを活用されてはいかがでしょうか。

特に人目に触れやすい、商品パンフレット、CSR、取扱説明書、官公庁向けの印刷物などは、環境に配慮していることをアピールするよい機会でもあります。
「どんな紙やインクを使ったらいいのか」など、詳しいアドバイスは弊社にお任せください。

  • ○ 会社案内やCSRレポート、株主総会の資料といった企業の経営方針を伝えたいもの
  • ○ 官公庁向け印刷物
  • ○ 一般に広く配布される商品説明のパンフレットやちらし
  • ○ 商品パッケージや説明書。
  • ○ 企業に送るDMやカレンダーなど、自社ツールとして配布するもの。

≫ 「グリーン購入法に適合した印刷物」についてはこちら

あさひ高速印刷は、
グリーンプリンティング認定工場です

GPマーク(社)日本印刷産業連合会が定めた「グリーンプリンティング工場認定制度」による印刷業務において総合的に環境に配慮した印刷工場として認められています。
弊社の印刷製品に対しては、グリーン基準に適合したものとしてGPマーク(グリーンプリンティングマーク)を表示することができます。

印刷時のVOC発生の抑制、廃液を削減、省資源・省エネへの取り組み、廃棄物の抑制、リサイクルの推進などのさまざまな環境負荷を削減する取り組みを行っています。

≫ グリーンプリンティング認定工場について

紙やインクなどの原料や印刷・製本などの製造方法によって
印刷物に使用できる環境ラベルがさまざまあります。

印刷物の環境負荷を理解するためには、紙、インクなどの「原料」と、印刷・製本など「製造方法」でとらえることが必要です。
使用できる環境ラベルは、どういった用紙、インクを使用するか、またどのような印刷方式を選択するかによって製品に付与できるかどうかが決まります。

エコロジーペーパー(環境対応紙)

紙のご提案
用途に合わせた用紙をご提案します。

森の破壊が叫ばれて等しい中、様々な環境に配慮した紙が誕生しています。製紙メーカーによりさまざまですが、古紙を再生利用したもの、木材パルプ以外の原材料を使用したもの、木材の生産から管理されたものなどがあります。
国内外で認定されたものには、認定マークを入れることができ、それらを表示することで環境に配慮した紙を使用しているというアピールにつながります。

代表的な環境対応した紙

●「再生紙」…リユースの観点から誕生した用紙
●「非木材紙」…木材の消費自体を減らすという観点から生まれたケナフ材など利用した用紙
●「森林認証紙」…森林の成長と利用を計画的に行なって生産される用紙
●「間伐材紙」…日本国内の間伐材を使用し日本の森を支援する用紙

森林認証紙(FSCTM
FSC/PEFC「森林認証紙」とは、FSCTM(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)の森林認証制度によって認証された紙類のことです。
FSCは国際的な認証機関で、森林認証制度は、環境保護の観点から適切に管理された森林から切り出された木材とその流通や加工のプロセスを認証する制度です。
これらの用紙を選択することで、適切な森林管理や地球温暖化の防止に貢献できることをアピールできます。

≫ FSCTMの詳しい登録状況について
古紙リサイクル適性マーク
リサイクル適性Aランクマーク紙、板紙へのリサイクルが可能な印刷製品に表示するマークです。
紙、インキ、加工資材のリサイクル適性ランクリストに基づき、Aランク、Bランク、Cランクがあります。
国のグリーン購入法にも採用されている基準です。

(一般社団法人 日本印刷産業連合会/公益財団法人 古紙再生促進センター)
再生紙マーク
再生紙はリユースの観点から誕生しました。バージンパルプを使用していないため白色度は落ちます。
間伐材紙
間伐材とは、「森の健全な成長のために、成長過程の木を間引いた時にでる木材」のことです。
従来、間伐材はあまり使用されていませんでしたが、環境問題を発端に、国内の間伐材の利用・促進が求められるようになりました。間伐材を使用した用紙を選択することは、生き生きとした日本の森を育てることの支援につながります。
非木材紙
ケナフや竹、葦といった非木材を原料とした紙のことです。
非木材グリーンマークに認定されるものは、安定供給、品質面で十分に満足できると判断されたものにつけられます。木材ではなく非木材紙を利用し、地球環境保全に役立てます。また、木材チップを使用していないため、独特の風合いがあります。

≫ 「印刷のたまご」Vol.20 リサイクル100%の印刷用紙が、もうすぐ姿を消します。

インク

環境に配慮したインクをそろえています

従来のインキは石油系の溶剤に起因する、溶剤の「揮発性有機溶剤(VOC)」による大気汚染が問題とされています。
そこで、環境に配慮した代替インキとして、揮発性のない植物油を利用したインキや、さらにVOCの割合を1パーセント以下に減らしたノンVOCインキが環境によいと言われています。

NonーVOCインキ
大豆油インキの植物性溶剤の比率が20〜40パーセントに対し、「ノンVOCインキ」は、VOCの含有量を1パーセント以下もしくはゼロとなっています。
植物油インキ
従来の溶剤に比べて、揮発性のない植物油の割合を増やした物です。
従来のインキと比較すると、石油系溶剤を20〜40パーセント減らせます。

刷版(さっぱん)

環境に配慮したCTP方式による刷版を採用しています。

刷版とは、オフセット印刷時に使用する印刷用の版のことです。

版を現象する時に発生する、有害な現像液(IPA(イソプロピレンアルコール)の削減が求められています。
弊社では、「刷版現像液を使用しないCTP方式」をすべてのオフセット印刷で採用しています。

印刷

■ オフセット印刷
オフセット印刷機オフセット印刷機

印刷時のVOC発生の抑制、廃液を削減のために湿し水ろ過装置の導入、省資源・省エネへの取り組み、廃棄物の抑制、リサイクルの推進などのさまざまな環境負荷を削減する取り組みを行っています。
2009年には、本社・本社工場が「グリーンプリンティング認定工場」となりました。

≫ グリーンプリンティング認定工場について
≫ オフセット印刷について



■ オンデマンド印刷

オンデマンド印刷機C1000pressデジタル印刷の一種であるオンデマンド印刷は、版を作成せずにデータから直接、用紙に印刷をします。
そのため、少部数の印刷物に向いています。また、刷版工程がないので、刷版によるVOCや廃液の発生を抑制することができます。
弊社のオンデマンド印刷機は、印刷機外へのVOC排出を抑制する機構になっており、化学安全性が確認されているトナーを使用しています。そのため、グリーン購入法の配慮事項も満たしています。

≫ オンデマンド印刷について

環境に配慮した印刷物の制作実績

あさひ高速印刷で制作した、 環境に配慮した印刷物の一部をご紹介します。
この他にもたくさんのお客様の環境に配慮した印刷物を作成させていただいております。

環境に配慮した印刷物の実績

商品カタログ
株式会社プラネットジャパン 様

中とじ冊子タイプ・12ページ

環境に配慮された印刷物として、 FSCTM森林認証紙・環境保護印刷(クリオネマーク)・大豆インキを使用していることをロゴを使ってアピールしました。

環境に配慮した印刷・製本をご検討の企業・団体様へ
まずはご要望をお聞かせください。折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。