ARを使った印刷物

トップページ  ≫ 法人向け印刷サービス ≫ デジタル ≫ ARを使った印刷物

スマートフォン・タブレット端末で見る、新しい印刷物の形。

AR活用イメージ従来のチラシではなんだか物足りない、けれど動画を使って訴求するには手間が掛かりすぎる…とお悩みではありませんか。

AR(拡張現実)」という技術を使えば、実際の風景や対象物に3D 画像や動画などを追加したり、近年ユーザー数が増加しているスマートフォンやタブレット端末を使って情報発信も可能な「動く印刷物」が簡単に実現できます。

AR(拡張現実)とは?

AR は「Augmented Reality」の頭文字で、翻訳すると「拡張現実」といいます。
まったく存在しないものを仮想体験させる「バーチャルリアリティ」に対して、ARは目の前にある現実の風景や対象物に、実在しない画像・映像、動画などの、バーチャルな情報を合成する技術です。

既存のコンテンツも流用できる新しい広告スタイル

例えば、画面に映る実際の風景に雨や雪を降らせたり、名刺から企業のキャラクターを飛び出させたりと、「現実+バーチャル画像」で自由に遊んだり情報をプラスすることができます。
かつては専用メガネなどの装置が必要でしたが、近年ではスマートフォンやタブレット端末などに専用アプリをダウンロードし対象物にかざすだけでAR 画像が見られるようになりました。

追加できる情報は、3D 画像や動画、写真、音声、サイトへのリンクなどさまざまです。
既存のコンテンツを簡単に流用できる
のも大きな特徴です。
今、目の前にある対象に情報を追加できるAR は、場所を選ばないスマホやタブレット端末との親和性も高く、新しい広告の形として期待できます。

case1
現実世界にバーチャルな
遊び心をプラス
例えば、雪を降らせることやキャラクターを登場させることなどが自由自在。スマートフォンやタブレット端末のカメラ機能を使えば、バーチャルな世界での記念撮影を楽しむ事も!
case2
映像を交えた商品説明で
インパクト大
チラシやパンフレットに掲載した商品写真に、スマートフォンやタブレット端末をかざすだけで動画が再生されます。情報をより分かりやすく伝えられるため、訴求力も大幅にアップ!
case3
商品画像を使っての
シミュレーション
住宅や家具など、スケールが大きすぎてイメージを説明しにくいというお悩みもスッキリ解決。ご自宅を撮影しながら、家具や壁紙画像を配置していけば、シミュレーションも可能です。

専用アプリをダウンロードするだけの簡単操作

App Store または Google play から専用アプリ「POINT PLUS(ポイントプラス)」をダウンロードすれば、お手持ちの端末でARを見る事ができるようになります。
操作がとても簡単で、どなたにも気軽にご利用いただけます。

〈作成にあたりご用意いただくもの〉

印刷物の原稿、動画データなど

ARの制作実績

あさひ高速印刷で制作した、ARを用いた印刷物をご紹介します。

入社案内パンフレット実績

アピスファーマシー様ウェブサイトへ
薬剤師新卒採用ウェブサイトへ

株式会社アピスファーマシー様
会社案内

中とじ冊子タイプ・8ページ


<制作のポイント>

写真やインタビュー記事などをふんだんに掲載した冊子に、ARによる動画再生機能を追加。先輩方の声や現場の様子を公開することで、企業に対する親近感を生み出し、学生のエントリーにつながりやすい内容にしました。


<受注内容>

企画提案から取材、撮影、原稿作成、デザイン、印刷、製本まで

ARを活用した印刷物の作成をご検討の企業・団体様へ
まずはご要望をお聞かせください。折り返し、2営業日以内に担当者よりご連絡いたします。 あさひ高速印刷に見積もりを依頼する メールアドレス:thanks@ag-media.co.jp

営業スタッフ訪問エリア:大阪・京都・神戸・東京23区(スタッフの人員に限りがあり、必ずしもご期待に添えない場合もございます)
その他の地域でも、電話・メールによるご連絡で完結できる場合は、上記のエリア以外でも対応できることもございます。
詳しくはお問合せください。